IT業界へ飛び込んでみよう!採用ポイントを知る

props event

採用から開発までの流れを知ることでIT業界をより深く身近に

IT業界にはどういった仕事があるのか

IT業界には様々な業種や職種が絡み合っていて、年々技術やサービスが進化しています。そんなIT業界ですが、目まぐるしく進化を遂げているのが「インターネット業界」、「情報処理サービス業界」などです。

IT企業でよく耳にする職種を比較してみよう

システム開発の上流工程と呼ばれるシステムエンジニア

システムエンジニアの業務内容は主に、クライアントからの要求をヒアリングし、システム仕様を決定していく事です。システムの大枠を決め、プログラムなどの細かな設計を行なってきます。

システム開発の下流工程を行うプログラマー

プログラマーは、システムエンジニアから設計された仕様書を元に、プログラムをプログラミングし、テストしていく業務になります。

IT業界へ飛び込んでみよう!採用ポイントを知る

パソコン

IT業界のITってそもそも何の略?

多くの人が「IT」と略して呼んでいますが、これは情報技術の意味を持つ「インフォメーション・テクノロジー」の略称です。コンピューターやインターネットを中心とした会社の業務や生活に役立つ技術を指していることが多いです。

ウーマン

IT業界ならではの魅力を知ろう

IT業界は、産業的には比較的新しいものです。また、現在進行形で新たな技術を多く生み出している状態です。そのため、「初めて」や「新しい」挑戦が多くあります。また、最先端の技術や情報に触れられる事も、魅力の1つです。

女の人

IT企業は未経験でも挑戦が出来る

新たな産業としての、大きなメリットとなるのが、未経験でも挑戦が可能という点です。事業前例が少ないということは、それだけ多くのチャンスがあるということにも繋がります。今まで開発に携わったことがない人でも、1から学ぶことが出来るのが強みになります。

JOB

IT企業への転職に関する情報

多くの業界と絡み合っているIT業界は、多くの人材を求めている事が多いです。そのため、多くのIT企業は新人教育に力を入れている事も少なくありません。即戦力ではなく、長期戦力を臨む業界のため、前職が全く別の職種の人材も、きちんと審査し、採用していると言われています。

IT企業での採用までに聞かれる様々な事

JOB

一次面接・二次面接で見られる事

一次・二次の面接では、主に学生時代の経験や業務への理解度を確認されます。学生時代にどのような事をしていたか、IT業務を行なっていく際に、どれほど理解しているかを問われます。

最終面接で聞かれる事

最終面接で聞かれるのは、この業務における熱意と、自分自身の考え方や価値観が企業理念と合うかを確かめます。面接官は面接の際に、応募者が「会社に合っていそうか」、「会社にとってプラスになるか」を、3年から5年のスパンで判断するとされています。

採用面接での面接官の考えを読み解く

面接をする中で、面接官の意図を汲み取る事も、採用の基準とする企業も少なくありません。特にIT企業は、多くの人の考えが交錯していると言ってもいいほどに、目まぐるしく進化し続けています。そのため、クライアントや同業者の意図を汲み取る力も、面接官は見ています。

広告募集中